お年寄り

メガネやコンタクト不要に

目

裸眼での生活が可能に

一度落ちてしまった視力を回復させるのは簡単なことではなく、多くの人がメガネやコンタクトを使用して生活しています。しかし、視力は元通りになっても以前と同じように生活が出来るというわけではありません。激しい運動が出来なかったり、お風呂に入る際に不便な思いをするなど裸眼であった時とは大きな違いがあります。どうにかして元通りになりたいという希望を叶えてくれるのが、レーシックと呼ばれる近視レーザー治療です。裸眼での視力が重要となるスポーツ選手の中にもレーシックによる治療を受けている人も少なくなく、裸眼視力そのものを回復させる効果があります。個人差はありますが手術当日から視力回復を実感することが出来て、1〜3ヶ月ほどで視力が安定します。

多くの人が行なうように

レーシックと言えば近視を治療することの出来る手術として有名ですが、以前は高額な費用がかかるためにあまり一般的ではありませんでした。また、個人差もあって人によっては思うような効果が出ないというリスクもある治療法でしたが、技術の進歩によって近年では大きく変化しています。安全性が大きく向上したのもレーシックを多くの人が行なうようになった大きな理由でもありますが、費用が安くなったことでよりレーシックは一般的になりつつあります。少し前までは50万円以上もの費用がかかるのが一般的だったレーシックも、最近では20万円程度で治療が行えるようにもなっています。今後技術の進歩によってレーシックは益々身近なものになると予想されています。