お年寄り

視野が狭くなる病気です

男女

眼圧の調整が必要です

緑内障は40代以上に発症しやすく、高齢になるごとに増加傾向にある病気です。また、眼科にて緑内障と診断された人以外にも発見されないまま生活している人も潜在的にいるために今後、増えていく病気です。緑内障は程度が進んでいくと失明の恐れのある病気のため、早期発見が必要になります。少しでも早く治療を行うことで、失明の危険性を減らすことができます。なんの症状がない場合でも定期的な検診を受ける事でリスク回避できます。まずは眼圧の確認から始めてみましょう。眼圧が高くなると緑内障を引き起こす原因となります。特に冬の時期は気温が下がるために眼圧が高くなりがちで、年齢によってもさまざまな結果が出てきます。最近では眼圧が正常なのに緑内障になるケースもあり、眼圧が正常でも緑内障にかからないとは言い切れなくなっています。

失った視野は戻りません

緑内障は、自覚したときには視野が狭くなったり、一部分だけ見えにくい場所が存在して暗くなることがあります。初期な段階では症状も緩やかで、両眼で物を見ているために、良い方の眼が不具合のある方の眼をサポートいているために気が付きません。視力が下がったと感じて検査をしてみると、屈折異常だけでなく視野障害が生まれていることがあります。一度視野が狭くなると、治療によって回復させることができません。いかに現状維持できるかが大切になります。急性の緑内障では頭痛や吐き気などを伴うことがあり、早期に対応が必要になります。治療は進行を遅らせるために眼圧を下げる薬物療法や、レーザー手術によって虹彩に穴を開けて、眼内の房水の流れに変化を加えます。すぐに成果が出ないこともあり長期に治療が必要です。

目の病気を考えましょう

医者

緑内障の薬での治療の人気の訳として、手軽さや費用の安さが挙げられます。そして工夫する点に関しては、安心や信頼出来る病院を探すことが大切になります。さらに、病院の評判を参考にすることも重要だと言えます。

詳細を確認する...

最新の治療で視力回復

看護師

東京の眼科で行ってもらえるレーシック治療の注意すべき点としては、受けられない方もいるという事です。また、受けられる場合であっても眼科選びは大切になります。そして、レーシック治療を受けると、自己の目でものが見えるようになり、矯正アイテムの煩わしさから開放されます。

詳細を確認する...

メガネやコンタクト不要に

目

以前のような裸眼での生活を取り戻すことが出来るのがレーシックと呼ばれる近視レーザー治療です。スポーツ選手でも行っている人がいる治療法で、1〜3ヶ月ほどで視力が安定します。以前は手術費用も高くリスクもあるとされたレーシックですが、近年は技術が進歩して誰もが気軽に受けられるようになりつつあります。

詳細を確認する...